このサイトでは、高校留学人気のあるオーストラリアの都市についての情報をご紹介しています。
日本人の学生が留学する際には定番の都市となっている、ブリスベンやシドニーについても扱っているサイトです。
さらに留学する学生に選ばれる事の多い、パースやホバートといった都市の情報も取り上げています。
これから留学をする予定がある場合や、憧れの海外で学びたいときには参考なる可能性があります。
ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

高校でのオーストラリア留学で人気の都市は?

高校でのオーストラリア留学で人気の都市は? 高校留学でオーストラリアを選ぼうと考えている人も多いのではないでしょうか。
自然環境に恵まれている一方で近代的な都市も発展しているこの国は、住みやすいとして人気があります。
ブリスベンやシドニーをはじめ、いくつもの都市が高校留学でも選ばれることが多く人気を集めています。
その1つに挙げられるのはオーストラリアの南東部にあるビクトリア州のメルボルンです。
ここは住みやすい都市として世界的に知られているところなので、高校留学で初めて海外に滞在するという場合でも比較的安心感があるでしょう。
また同じく南東部にあるニューサウスウェールズ州のシドニーも人気がある都市です。
国際空港からのアクセスも良いのがこの都市のメリットです。

オーストラリアに高校留学する際はどんなエリアを選べばいい?

オーストラリアに高校留学する際はどんなエリアを選べばいい? 高校留学で人気の高いオーストラリアは、気候が1年を通して温暖で過ごしやすく親しみやすい国民性も特徴です。
留学生も積極的に受け入れており、教育水準も高いですし語学学校も色々あります。
ただし、エリアによって雰囲気が異なるので、高校留学を検討する際には事前にリサーチしておくことが大切です。
例えばシドニーはオーストラリア有数の大都市で、商業や文化の中心地でもあります。
高層ビルと緑が多い公園など都会的な建物と自然が調和しています。
オペラハウスやハーバーブリッジといった観光地もあります。
それからメルボルンは、ビクトリア朝の歴史を感じさせる建物と近代的なビルが調和した街です。
面積の4分の1を公園が占めているなど、環境は緑に溢れています。
移民が多い街でもあり、世界中から多くの人が移り住んできました。
そのため多民族都市として知られ、異文化を体験するのには最適です。
その他にもオーストラリアには、ケアンズやゴールドコースト、ブリスベンといった都市があります。
ケアンズはリゾート地の雰囲気が漂うエリアで、ゴールドコーストも美しい砂浜が続く街です。
ブリスベンは川の街と呼ばれており、文化施設の多い近代的な都市となっています。

高校留学に最適なオーストラリアの州について

オーストラリアは高校留学にうってつけの場所です。
比較的に治安も良く、日本と友好的な関係を保っています。
気候は真逆ですが概ね温暖ですし、時差もそれほどありません。
メルボルンと大阪市、シドニーと名古屋市、ブリスベンと神戸市など、日本の各都市と姉妹都市であるところも多くあります。
ケアンズ、ブリスベン、ゴールドコーストなどがあるクイーンズランド州は、日本人留学生が多い地方です。
シドニーや首都キャンベラのあるニューサウスウェールズ州は、国内で最も留学生が集まる地方です。
ほかにも日本人国際学校が多くある国でもあります。
海外で勉強することや海外に行くことに対して、さまざまな不安があると思います。
しかし、このようにオーストラリアは、時差や治安といった問題に加え、日本人留学生が多いことや留学生を多く受け入れていること、また自然豊かな国であることなど、そんな不安を払拭する環境が整っており、高校留学するには最適な国であることがわかります。

オーストラリア高校留学をして選択する科目

オーストラリアへ留学をする場合に選択するべき科目の1つは、外国人のための英語です。
学校によって外国人向けの英語コースがない場合もあります。
できるだけ外国人用の英語コースがある学校を選ぶようにすることが大切です。
帰国子女ではない限り、英語の授業を受ける事は簡単ではありません。
最初は先生が何を言い言っているのかさっぱりわからないこともあるでしょう。
授業の内容が理解できないと英語の勉強どころか基礎的な知識を身につけることもできません。
オーストラリアの高校留学をした最初の半年は学力が低下するのも当然です。
それを補うためには自習をすることが欠かせません。高校で学ぶ内容は大学受験で重要な知識になるからです。
大学進学をしないとしても高校で学ぶ科目は非常に重要といえます。
どれほどの期間高校留学するかによっても計画は変わってきます。
英語を本気でマスターしたいのであれば最低2年は必要です。
一年未満の留学で英語を身に付ける事は不可能です。
高校留学ですから他にも教科があるので、英語の勉強だけに全ての時間を費やすことができません。

高校留学で友達を作るなら積極性が重要になる

高校留学で、たくさんのことを学びたいと考えるなら積極性が必要です。外国に出かけると、今まで知らなかった人たちや文化、習慣と出会うことになります。この状態になったとき、ついつい尻込みしてしまい積極的になれない悩みを感じてしまうでしょう。ただ、その気持ちのままでいることで、多くの人たちと触れ合うことが困難になります。
いつも一人でいることになれば、言葉を身に着けることも文化と触れ合うこともできません。積極的に高校留学を楽しめば、新しい友人も作ることができ言葉を早く覚えることができます。高校留学の期限が限られている中でも、言葉をたくさん覚えることができます。積極性を持つことが重要になりますが、どうやって友達を作ればいいのか困っている人は、自分から声をかけてみるとよいです。相手から声をかけられるのを待っていても、その希望は無駄になってしまいます。自分から積極的に話しかけることで、友人を多く作ることができます。

高校留学を考えるならグローバルな視点が大事

企業の海外進出が普通になり、ビジネスマンに求められる英語力が高くなっています。早い段階で英語を身に付けることで、ライバルと差をつけることが可能になります。
グローバルな感覚や英語力をマスターするために高校留学を行うことが出来るのです。高校生というと多感な時期ですから、海外生活をすることで感じることは多いものです。言語だけでなく異なる背景を持つクラスメートと学ぶことで、多様な国際感覚を知ることが出来ます。また、留学させることで生活力や責任感を身に付けることが出来るので大人としての成長の助けにもなるのです。高校留学で人気の欧米ではなく、マレーシアなどの東南アジアを選ぶなら違った観点で学ぶことが出来ますし、留学費用を抑えることも可能です。大事なのは子供に多くの体験をさせることであり、日本では経験できないことを学ばせることと言えます。そうするなら、国際的な社会でも立派に生きていくことが出来るのです。

社会生活で大切な適応能力は高校留学で身につけよう

高校留学で身につくのは語学力だけではありません。言葉も文化も違う海外での生活では適応能力が備わることも大きなメリットとなります。これからの社会生活において大切な能力なので若いうちから身につけておいて損はありません。
適応能力とは言葉の通りその場に適した対応が出来る能力の事。高校留学での滞在先は寮かホームステイかが大半ですが、公共の場やホームステイ先で「いや、日本ではこうだから。日本の家ではそうじゃないから」などと言っていては相手に受け入れてもらえません。嫌いな食べ物ばかりでも食べなければならなかったり、靴を脱ぎたくても履いてなければならなかったり、郷に入っては郷に従えと言われるようにその場の生活に適した対応をしなくてはならないのです。
しかしその「自分の当たり前が当たり前じゃない、相手の当たり前に合わせた経験」は社会に出てから大いに役立ちます。何かを啓蒙しに行くのなら話は別ですが、多くの高校生は将来性を身に着ける為の手段として留学を考えていることでしょう。若いうちに違った文化に触れることで、様々な意見を受け入れ物事を客観視出来る能力が身につくのです。

高校留学をすることで、海外に適用できる人材になる

国内では10代の若者が留学をしている方が多く、大半が高校留学というスタイルです。以前は大学生になってから経験されるのが一般的でしたが、日本では2000年以降は教育の中に英語と国際教養を必須としたことで、高校でも積極的に学生を海外に送ってるわけです。そこでここでは、高校留学をすることのメリットについて考えていきましょう。
メリットとして挙げられることは、海外に適用する人材を育成できる点です。日本はまだ先進国ほど開かれた国ではなく、まだ古い文化や仕来りを守る傾向があります。産業では家族経営が目立ち、これが悪い風習を生み出しているとイギリスなどでは言われているわけです。しかし、高校生で留学を経験した若者が社会に出ることで、国際社会の良き文化を取り入れて海外に適用できる会社へと成長させていくことでしょう。これからは世界に目を向けた経済活動が必要で、そのためにも若い世代にはどんどん海外で学んでもらいたいということです。

単位認定がある高校留学で安心して学べる魅力

高校留学は、勉学をするために行われるものです。そのため、単位認定が認められています。
これまで、高校留学では上限で30単位しか認められていませんでしたが、これが改正されたことによって36単位まで認められるようになりました。もちろん、単位の考え方はそれぞれの国家や州で大きく違うということを知っておかなくてはいけません。海外では、日本と異なった法体系で勉強が行われていますので、このルールに従う必要があります。例えば、海外では英語を話せることを前提に考えることが多く、英語という科目で履修することができないことになっているのも珍しくありません。反対に、留学生向けに英語クラスを設けて単位認定を行っているところも存在します。日本の高校に換算するように工夫をしているところがありますので、単位が欲しいと考えているときにはこういった制度が導入されているかどうかも確認しておく必要があります。そうすることで、理想的な高校留学ができます。

もっと高校留学の情報を探すなら

高校留学 オーストラリア